ご相談窓口

mail
ご相談フォーム
tel
お電話でのご相談
03-5638-2123
受付時間/月~金(祝休日は除く)10:00~16:30
*ただし12:00~13:00までは休憩時間です
fax
FAXでのご相談
03-5638-2124
FAX申し込み用紙はこちら

アレルギー相談センター 相談無料

看護師・専門医がお答えします! (相談センターでの検診は行っておりません)

薬や症状、自己管理・日常生活の注意点など、アレルギー性疾患全般(ぜん息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど)に関連する事柄についてご相談に応じます。
※7月1日から、ホームページを順次改訂いたします。

メールでのご相談

ご相談フォーム

お電話でのご相談

電話番号

FAXでのご相談

FAX番号

FAX申し込み用紙はこちら

ピックアップ事例

  • 疾患名
  • 喘息(小児)
  • 相談区分
  • 日常生活について
  • 50歳

  • 女性

  • 東京都

  • 2016年03月

相談内容
過去には、水泳が喘息の人の体力向上のために役立つとし、定期的な水泳を進める風潮がありました。最近、屋内のスイミングスクールは喘息を悪化させることもあると聞いたが、そうでしょうか?
回答内容
屋内プールは、塩素やオゾンなどの蒸気が密閉された空間にとどまっている場合もあり、定期的で季節をとわず行われるスイミングスクールは喘息を悪化させることがあります。

更新履歴

2016/04/22

[ 疾患名: 喘息(小児) 相談区分:日常生活について ]
喘息と水泳について

2016/04/22

[ 疾患名: 花粉症 相談区分:通院、治療について ]
急速減感作療法について

2016/04/22

[ 疾患名: 食物アレルギー 相談区分:症状や診断について ]
症状がぶり返さないか

2016/04/22

[ 疾患名: 接触性皮膚炎 相談区分:症状や診断について ]
毛虫によるアナフィラキシィー

2016/04/22

[ 疾患名: 食物アレルギー 相談区分:日常生活について ]
豆腐 バナナアレルギー

本相談センターは厚生労働省アレルギー相談センター事業として、平成22年度より(一財)日本予防医学協会が委託を受け、運営しており、日本アレルギー学会の認定専門医の先生方を始め、看護師が相談にお応えしております。

ご相談いただいた中より国民の皆様に参考になると思われる質問と答えも掲載しておりますので、ご相談をする前にご参考にしてください。